更新日 2015-07-02 | 作成日 2007-12-18

放射線治療研修

担当教員

准教授 中川恵一(放射線医学講座放射線治療学分野)

実習概要

 本科目は文部科学省の「がんプロフェッショナル養成プラン」における「がん医療に携わる専門医師養成コース」の一環である。研修の当初6ヶ月間は放射線治療、腫瘍内科、腫瘍外科、緩和ケアの病棟におけるチーム医療に参加することによって、がんの集学的治療に必要な最低限の臨床能力を習得する。その後、放射線治療主体の研修に6ヶ月以上専念し、実習期間中に、各種疾患・病態における放射線治療の適応判断および一般的な放射線治療診療に習熟する。

実習内容

 東京大学医学部附属病院および本プログラムの連携病院において以下の研修を行う。

  1. 放射線科2ヶ月、腫瘍内科、腫瘍外科、緩和ケア各1~2ヶ月の合計6ヶ月の病棟研修により、がんのチーム医療に参加し、臨床腫瘍専門医として必要な放射線治療の適応判断と放射線治療計画の基本、薬物療法および支持療法の基本、基本的外科手技、緩和ケア診療の臨床能力を習得する。
  2. その後、放射線治療主体の研修を6ヶ月以上行い、各種疾患・病態における放射線治療の適応判断、および一般的な放射線治療診療全般について習得する。加えて、定位放射線照射、強度変調放射線治療のような高精度放射線治療の基本を学ぶ。
  3. 放射線科治療部門のカンファランスへの出席は必須である。その他、キャンサーボード・カンファランス、他診療科との合同カンファランス、東大病院CPCなどにも、指導医とともに積極的に参加することが望ましい。

評価

 実習中の態度や習得状況等により総合的に評価する。

参考図書

  1. TNM悪性腫瘍の分類(日本語版)第6版 (金原出版)
  2. 新版 放射線治療とEBM (インナービジョン)
  3. 癌・放射線療法2002 (篠原出版新社)
  4. 癌放射線治療ハンドブック 改訂2版 (中外医学社)
  5. 放射線治療計画ガイドライン2004 (日本放射線科専門医会・医会)

備 考

 患者様や周囲の医療従事者に不快感を与えない服装、態度、言葉使いを心がけること。服装に関しては、男性はネクタイ着用が望ましい。