PICT1981.JPG

がん医療に携わるコメディカル養成コース

概略

 近年のがん治療では、手術、化学療法や放射線治療などいくつかの異なる治療を組み合わせた集学的治療がとても大切になっています。集学的治療には各分野の高度な専門性が必要であり、複数の科の医師や看護士といった医療スタッフがチームを組んで治療にあたります。

 本コースでは、実務経験を有する看護師、薬剤師、放射線技師等を対象として、がんのチーム医療に参加することによって、がん専門医療に必要な知識と技能を修得してもらうことを目的としています。

出願資格

(A) 専門看護師(がん看護)
東京大学大学院医学系研究科 成人看護学/緩和ケア看護学分野東京大学大学院医学系研究科大学院入試情報をご覧ください。

(B) がん専門薬剤師
薬剤師免許を有し、修士(修了見込)以上であること。

(C) 医学物理士
理工農薬学系の修士(修了見込)以上もしくは大学の医学、歯学又は獣医学を履修する6年の課程を卒業(卒業見込)以上。

(D) 放射線治療品質管理士
理工農薬学系の修士(修了見込)以上もしくは大学の医学、歯学又は獣医学を履修する6年の課程を卒業(卒業見込)以上。

養成コース

 以下に、A.専門看護師(がん看護)、B.がん専門薬剤師、C.医学物理士、D.放射線治療品質管理士の各養成コースの概要を説明いたします。また本コメディカルコースでは、E.病理学教育についても学んでいただけますので、その概要を説明いたします。

A. 専門看護師(がん看護)

 平成20年度4月より、東京大学大学院医学系研究科 修士課程において、専門看護師教育コース(がん看護分野)を開設いたしました。
 本コースは、緩和ケアならびに幹細胞移植を中心とするがん看護分野に関し、高い専門性を有する看護師の養成を目標としております。

 修士課程修了後は、所定の実践経験を経て、日本看護協会認定の専門看護師(がん看護)の申請資格を得ていただくことを期待しております。

詳しくはこちらLinkIcon

B. がん専門薬剤師

 東大病院薬剤部では、病棟および外来化学療法室における実習を通して、臨床薬理学的な知識、抗がん剤調剤に必要な技術と品質管理に関する知識を習得し、最新の各種ガイドラインの把握をします。また、がんの臨床に関わる一般的な知識を広く学習し、キャンサーボード・カンファランスへの参加を通してチーム医療に参画できるよう経験を十分に積み、最適ながん薬物療法を提供するために、必要とされる知識と技術を身につけます。

 我々は、個々の患者に最適ながん薬物療法を提供するためには、使用する薬物のPK/PDに基づいた個別の投与設計が、将来的に必須になっていくと考えています。現在薬剤部では、抗がん剤副作用の定量的予測モデル構築などの基礎的な研究から、抗がん剤TDM実現を目指した臨床研究まで幅広く取り組んでおり、大学院生の皆様はこれらの研究に積極的に参画するとともに、各自の興味に応じた研究テーマを設定し、推進していくことが可能です。

詳しくはこちらLinkIcon

C. 医学物理士

 がん医療における放射線治療の重要性が増すとともに医療施設への新しい放射線治療装置が導入されており、治療装置の品質維持・管理及び放射線治療計画を実施するために必要な、放射線物理学を十分に熟知した医学物理士の育成が急務となっています。本養成コースでは線量測定・管理法をベースとした放射線治療の品質管理技術と放射線治療計画の実施及びより高度な立案計画やその評価を可能とする高精度放射線治療計画の実習を通じて、医療現場で即戦力となる医学物理士としての経験や知識を修得していただきます。

 放射線治療における質の向上と維持を図る目的で医学物理士認定制度規定が設けられており、本養成コースではその規定に定められた医学物理士の資格取得を目標としたします。

詳しくはこちらLinkIcon

D. 放射線治療品質管理士

 近年の放射線がん治療患者数の増加及び医療施設への新しい放射線治療装置の導入が進められている中、放射線治療の品質管理は非常に重要となっています。各施設で利用される放射線量の安全管理は、院内製剤における薬剤師と同じく、放射線物理学を十分に熟知した管理士が必要となります。本養成コースでは線量測定・管理法をベースとした放射線治療品質管理技術の実務を1年以上、放射線治療計画の実施及びより高度な立案計画やその評価を可能とする高精度放射線治療計画の実務に2年以上従事していただきます。

 さらに本養成コースでは医学物理士もしくは放射線治療専門技師の資格を取得してもらうとともに放射線治療品質管理士の資格取得を目標といたします。

詳しくはこちらLinkIcon

E. 病理学教育

 私達は、がんプロフェッショナル養成プランのコメディカルコースで病理学の講義を行います。コメディカルとしてがん医療に携わられる皆様にとって、がんの実像を知りがんに対する理解を深めておくことは、がん医療を推進する上で極めて意義深いことです。私達はがんの組織像や肉眼像を解きほぐしその背景にある分子機構を交えながらがんの病理学について講義(または実習)を行い、がんについて理解を深めていただきたいと考えております。また、病理診断や剖検の実際について具体的イメージが沸くようになっていただきたいと考えております。

 東大病理では「がんプロフェッショナル腫瘍病理学」という教科書を文光堂から出版いたしております。がん病理学の基礎を最新の診断基準に基づいて最先端のトピックを交えながらわかりやすく解説しておりますので、必要に応じて御参照ください。講義が主体になりますが、コメディカルコースの方の御希望に応じて病理部の見学や実習もできますので、心おきなく御相談ください。